ざーざー

なんでもいいじゃない

子連れ信兵衛2 第四話 十手の誇り

子連れ信兵衛2 第四話 十手の誇り感想をゆるく書いていきます。

 

まず個人の感想として率直に言うと今回はいつもより専門用語が多くて難しかった…!

 

自分の足りない頭ではちんぷんかんぷんだったので台詞を一つ一つしっかり聴きスマホ片手に調べながら内容を理解する…という作業の繰り返し。

ニュアンスで伝わる部分と伝わらない部分があって、今までなんとなく理解できた内容も今回はそうもいかず難しかった。

子連れが初めての時代劇なので尚更かも。

なので何回も何回もリピしながら少しずつ観ました。

 

もしどこか解釈が間違っていたらすみません。

 

今回宮田くんは同心としてのお話。タイトルは十手の誇り。

誇り…正義に仕える自分への自尊心。正義。

上役の園部さん。先達の松村信兵衛さん。源吉さん。そして亡くなったお父さん。

 

誠三郎さんが尊敬する方たちがたくさん登場する。

 

誠三郎さんは正義感が強いというキャラクター設定だけど、今回はそこが強調された回だなぁと思った。

今までシリーズ1から見てきたけどそこまで言うほど強いのか?と疑問に思ったりもしたんだけど。(疑うほどではないよ!)

でも今回の誠三郎さんの台詞の中に「お上の威信を示さねば!!」(ご飯もぐもぐしながら)という台詞があるのだけれど、ここに上役に仕える者としての、園部さんへの忠誠心(というよりは正義そのものへの忠誠心)が感じられて誠三郎さんの性格がよく出ているなぁと思った。

 

誠三郎さんからしたら、死罪をまぬがれ、罪一等(※一段下の刑に処するということ)島流しで済んだのに、また逆怨みするとはなんてやつ!!執念深い男!!ぷんすこ!!

ってことなのでしょうね。なんとまぁ可愛い。

 

今さら同心と岡っ引きについて調べたら同心は公務員だけど岡っ引きは同心に雇われる下請けみたいなもので副業で生計を立てている人が多いらしく源吉さんとおせいさんが酒屋を営んでいる理由が解ってすっきり。今さらかよ…という感じですみません。無知すぎる…。

 

さて、他にも調べて解った言葉はたくさんあります。

金子…きんすはお金のこと。

田島屋は息子がおとよの夫、清吉を殺したことを又八のせいにして、罪を被せます。そのことをお奉行と殺された伝兵衛さん、おとよさんにお金を渡して口裏を合わせるように仕向けてたこと。

色々な人間の企みが交錯する回だったので最初は難しくてなかなか内容を理解するのに時間が掛かってしまった。

 

正義感が強い誠三郎さんがこの五年前に起きた事件を淡々と「褒められたことではありませんがそれもまた我が子を想う父のこころというものでしょうか。」と。おそばを啜りながら言うシーンがある。そこが今回のお気に入りのシーン!

 

ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ榎戸さんんんん誠三郎さんんんんん……!!

ってちょっと切なくなるんだよおおおおおおおおおおおおおおおおおお

 

榎戸さん、お父様を思い出したの?って聞きたくなる…

考えすぎだとは思うけど。

正義感が強い誠三郎さんなら、「悪事をお金で解決するなんて卑怯だ!!ちゃんと罪を反省して償うべきだ!!」って言うと思ったのに。誠三郎さんの親子感が垣間見える印象的なシーン。

 

この話で1番宮田くんらしくもあり、榎戸さんらしくて好きなシーンがある。

それは園部さんを護るため、己の正義を貫くため、1度抜いた刀を収めたあと。

父上の記録帳を源吉さんから受け取るときに、園部さんから刀で襲われた誠三郎さんが十手で記録帳を護ったところ。

 

ここは初めて観たとき血液が逆流する想いで画面を見つめてしまった。

 

こんなにかっこいい誠三郎さんが居るなんて。(失礼)

こんなにかっこいい十手の使い方ある??

亡き父上のために十手で記録帳を護る。なんて素敵なシーンだろう。

 

優しい誠三郎さんが刀を抜く設定ならば、幾らでも思いつくじゃないですか。

変な話、鶴坊やおぶんちゃん、長屋のみんな。源吉さん…その中の誰かのために刀を抜くことにしてもありだと思うし、少なくとも私はその辺かなと思ってた。

でも、いかに自分が浅い人間だったのかと今回思い知らされたような。いい意味で裏切られた…!嬉しい。

 

宮田くんがなにかで榎戸が刀を抜くときどんな覚悟をするのか楽しみにしててね。と言っていたので、それがどの回のことなのか分からないのだけれど、今回のことだったらいいなぁと思っている。

 

予告で大騒ぎになったとおり、刀を抜いて構えたときの宮田くんの表情の中には宮田くんは居なくて、自分の命をかけても、尊敬する上役の園部さんを護る。自分が用心棒をしてる間に殺された田島屋のためにも。そして、減刑されたにも関わらず3人も(厳密に言えば2人だけど誠三郎さんはまだこの時は真実を知らない)殺した又八を赦すわけにはいかない。という覚悟や焦燥、正義。色々な感情が入り混じる表情を宮田くんらしく魅せてくれた誠三郎さんに吸い寄せられてしまった。  

 

宮田くんの目力と纏う空気に圧倒された。

 

やはり今回宮田くんが主役ということで、榎戸という名前が俳優さんの口から出るだけで涙が出そうになった。

 

主役ということは、当たり前だけど名前を沢山呼んで貰えるんだよね。

なんだか宮田くんが画面に居ない時にも「榎戸」「榎戸の旦那」という言葉が出てきて、感無量になってしまった。

 

序盤に園部さんに「榎戸か、入れ」と言われただけで、伊吹吾郎さんに名前呼ばれて宮田くんが出てきた…!!!!!

すごい…!!!!!!と、胸がいっぱいになった。

 

何回泣きそうになったことか分からない!

 

やはり、主役は嬉しい。

 

 

宮田くんが世間様と演出家さんに見つかりますように。

 

 

 

 

 

子連れ信兵衛2 第3話 感想

書こう書こうと思いながらなかなか書けずに居たのですが少しずつ書きたいことが自分の中で纏まってきたので書いていく。

 
昨年子連れ信兵衛が始まると聞いたときはとても嬉しかった。
宮田くんの子連れが始まるまで宮田くんが出演する番組は断つことを決意して(今はどうしてそんなことをしていたのか分からない。)羊毛フェルトで榎戸誠三郎さんを16体作りました。我ながらクレイジー。
 
 
時代劇にうといため、岡っ引きという職業も同心という職業も全く知らなかった…(お恥ずかしい)
そんな自分が観ても大丈夫かなぁと心配していたのだけれどそんな心配は杞憂に終わった。
何より宮田くん演じる榎戸誠三郎さんが素敵過ぎて見惚れてしまう。
美!美!美!美!美!とにかく宮田くんが美しい!!美しさの具現化!!!!榎戸誠三郎さん〜〜〜〜!!!!!
 
シリーズ1のときよりもしゃんと伸びた背筋と太ももに手をそっと置いて座る佇まいが素敵。榎戸さんが一回り大きくなって帰ってきたのだなぁと思った。
宮田くんが雑誌で話してた通りだと思った。
 
 
3話はおぶんちゃんの主役回でしたが宮田くんの主役回?と思うぐらい。出てくる出てくる榎戸さん。
 
ここから急にメモ代わりに気になることを。
断定は出来ないのだけれども、子連れ信兵衛を観ているとアテレコかな?と思うシーンが幾つかある。
 
今回だと榎戸さんがお蕎麦を美味いと言いながら食べるシーンと、源吉さんが営む大衆食堂に来たときに榎戸さんが「腹ペコなんだ」と言いながら降りてくるところ。
前回だと信兵衛さんが折笠さんに道場破りを頼まれて「覚えてやがれ」というところ。
少し気になっている。
 
 
宮田くんの演じる榎戸誠三郎さんの台詞を是非イヤフォンやヘッドフォンで聴いて欲しい。
滑舌が良くてよく通る声だしなによりイケボ……!なんです!!
耳が妊娠するかと思うくらいの美声〜〜!!!!
榎戸さんの台詞が聞き取りやすくて意味が分からないところは調べられるので時代劇初心者にはありがたい。
 
さて、3話の話に戻ると今回のお話もホロリと涙が零れるような子連れ信兵衛らしい人情ものだった。
 
おぶんちゃんと榎戸さんが2人でお互いの両親の話をするシーンは、初めて見たとき衝撃的だった。
おぶんちゃんも榎戸さんも、物語の登場人物の中では明るい性格でムードメーカー的な2人だったからまさかそんな哀しい過去を持っていたとは思わなかったのだ。
 
榎戸さんは早くにお母さんを亡くしてお姉様にお世話されていた。
おぶんちゃんは両親を火事で亡くしていた。
 
つらい過去を持ち寄って話す2人だけれど見ていてつらい…しんどい…って気持ちには不思議とならない。
2人で冗談を交えながら過去を話していくのだけれど、どこか懐かしくて優しい気持ちになる。
音楽が入ってくるタイミングもテーマも好き。
 
華奢だと思っていた宮田くんの背中はおぶんちゃんと並ぶと大きくて妙にリアルな榎戸誠三郎さんにどきどきしてしまう。おぶんちゃんの寂しい気持ちに寄り添う榎戸さんはとてもかっこよくて、優しかった。
 
煮売り屋(出来たてのお惣菜を売っている商売らしい)のおつねさんと信兵衛さんの話をたまたま聴いてしまった榎戸さんは早とちりして捨て五郎に会いに行ってしまう(!)のだけれど、返り討ちにされてしまう。おぶんちゃんのために一生懸命になるドジっ子な誠三郎さん。かわいい。
そしてたんこぶを作って帰ってきてしまうのだけれどそんなところが優しくて頼りなさげに見える宮田くんにはピッタリなのかな。
 
 
手当てをしてもらうときに同じ岡っ引きの源吉さんに「ぼっちゃん」と呼ばれて窘められるのだけれど、源吉さんは榎戸さんの過去を知っている人物なのかな?
同心としてお世話していて昔の榎戸さんを知っているからぼっちゃんなのか、幼少期から榎戸さんを知っていたからぼっちゃんなのかとても気になるところ。
 
おつねさんが襲われているところへ出くわしたおぶんちゃんが、おつねさんに名前を呼ばれて「私の名を知っていたのですね」って言うシーンはグッときてしまって…涙が出そうになった。
お爺さんとの仲違いも解決して良かった。
 
子連れは見てる人が気になる細かいところまで気を遣ってくれる。登場しない人物もちゃんと誰がどうなったのか最後まで教えてくれるので展開が分かりやすくていい。
 
最後過去に女を囲っていたみのやさんが捨てた息子が主導者となりみのやさんの金を捨て五郎を駒として操って持ち出して盗んでいたのだけれど、榎戸さんがみのやさんに経緯と事実を伝えに行くシーンはとてもかっこよくて…!感涙。
榎戸さんは母子を捨てたみのやさんに怒って居るけれど、ほんの少し淋しさもあって。そこがいい。そんな余韻のあるお芝居ができる宮田くんすごい。
 
 
他に気になるシーンといえば、榎戸さんがおぶんちゃんにおつねさんの存在をこっそり教えるシーンがあるのだけれど、榎戸さんの吐息が白い。
これは寒い時期に撮影したものなのかな?と考えてしまった。
 
そして鶴坊の存在。
信兵衛さんのおひげを触ろうとしたり、お墓参りのシーンでは自分で手を合わせていてとても可愛いらしい…!成長しているの…!
もぐもぐと何かを食べるシーンもあって。
登場人物の話している内容が世知辛い内容でも鶴坊を見ると和む。
 
 
 
 
 
個人的に宮田くんのことをそこまで頼りないと思ったことはないのだけれど、同心なのにいざというときになかなか出て来なくて、おなごの味方で(特におぶんちゃん)見栄っ張りで、食いしん坊な榎戸さんは宮田くんにハマる役柄だなぁと思う。
宮田くん以外にこんなにハマる人居るの?とすら思う。なんでだろう?
 
キリッ)として凛とした見た目とは裏腹に少し頼りない榎戸さん。
博打した悪人に凄まれて逃げ去った榎戸さん。(シリーズ1)
 
こんな榎戸さんだから余計に親しみが湧くのかなぁとも思う。
 
わたしのコッソリと企んでいる野望は歌番組を見た全国のお爺さんとお婆さんに「榎戸誠三郎が踊ってる」と言ってもらうこと!
 
(こんなこと公の場で言うものではないので言うか悩んだけど)
そしてなんとかしてツイッターでホットワードやトレンド入りにしてあげたい。
「宮田時代劇出てんの?」って少しでも多くの方に知って貰いたいから。
 
勧善懲悪で人情時代劇だから家事をしながらラジオみたいに聴いているだけでも楽しめるドラマだと思う。
是非地上波で放送してほしい。
 
 
でも同時刻にMステがやっているのでなかなか難しい。
せめてホットワードでもいいから入って欲しい。
 
あと、某ドラマ部門に子連れ信兵衛を投票したいのだけれど、11月スタートのドラマがノミネートされていない。
これが本当にくやしい。
 
自己満でしかないけれども後悔はしたくない。なのでタグや感想には力を入れていきたいと思っている。
 
周りを下げず何があってもめげずに。とにかく宮田くんを全力で推してあげたい…!!!!
 
宮田くんがアイドルしてる世界はきっと尊い
 
泣いてる暇があったら布教しろをスローガンにヲタ活をすることに決めた。
 
ちょっと何が言いたいのが解らなくなってしまったのだが、BSプレミアムにて、宮田くんが出演中の子連れ信兵衛2を見てほしい。
金曜日よる8時より。
流し見でもいい。きっと優しくて懐かしい気持ちで休日を迎えられると思う。
 
 
 
 
 

宮田くんの一万字感想

 

 

 

宮田くんの一万字インタビューを読みました。1人でおろおろしてるのもなんだかアレで、久しぶりにぶろぐを書きたくなったので感想書きます〜。

 

 

 

自分が思ったことを素直に書いていくので、一万字めちゃくちゃ良かった‼︎と思っている方は不快な気持ちにさせてしまうかもしれないので、お勧め出来ないかもしれません。

かなりネタバレしてるので、ネタバレしてもOKな方だけ読んでください。

あと長いので時間がある人…。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

 

まず、宮っちの一万字を読んで思ったこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

とにかく宮っち色が強い。

 

 

 

 

一万字インタビューに過度に期待し過ぎていたのだな。と、痛いぐらい思い知らされるような内容でした。

 

 

 

一万字インタビューって、アイドルが普段見せない一面を見せてくれるもので、涙無しには見られないもんじゃないのかなぁ〜って、漠然と勝手に期待してた。

 

みょうじょうの塚ちゃんとの連載で、過去宮っちがいじられポジションについて悩んでいた事を知った(この話題を出したのは塚ちゃんで宮っちからは話していない)わたしは、もしかしたら宮っちの深いところに迫る話が本人の口から出るのでは…?と 勝手に期待してた。

 

 

でも宮っち(宮田くんというより宮っちかな。)はわたしの勝手な期待を一瞬で打ち砕くぐらい強かった。

 

ページをめくると(宮っちだぜヲタ芸だぜヲタクだったってIt's Alrightだぜえーー!!!お母さん大好きだぜー!!金金金金宮っち宮っち宮っち宮っち宮っち)ってな具合で、宮っちの勢いの強さ。とにかく勢いがすごい。わたしのことなんて「知らんがな。」とでも言うように置いてけぼりにしてどんどんどんどん宮っちがページを飲み込んで埋めてく。

 

とにかく宮っちのオンパレード。

 

 

前に呟いたことがあるのですが、宮っちのインタビューは、2択とか選択肢が決まっているものでも結局どちらを選んだのかよく分からないものがあります。 

例えば、aかbどちらかと聞かれて、「a!(←自分の意見)でもこの間メンバーにbっぽいって言われたから(←他人の意見)bなのかもね!笑」

いやいや 結局どっちなの…みたいな。

 

 

 

それが今回のインタビューの中で二階堂くんの話をしたときかな?

 

宮「あいつは1番変わったと思うよ。マジメになったというか。まぁもともとマジメだったんだけどね」

ーーーどっちだよ! 

 

というインタビュアーさんとのやりとりがあって、そこはちょっと笑ってしまった。

 

 

 

率直な意見としては、前に聞いたことのあるエピソードだとかそういう話よりも一万字だから話せる、聞ける話を聞きたかった。せっかく巡ってきたのだし。

  

 

 

宮田くんは一万字の中でお手紙は欠かさずチェックし、宮田ガールズの需要と供給が噛み合っていないのでは。ということを心配してくれていて、宮田ガールズのことを理解してくれようと日々努力してるのだなと思った。すごく嬉しかった。 

 

(宮っちに限らず、ですが、きすまい自体がお手紙を読んでくれるグループだなぁと、感動することがあります。)

 

 

宮田ガールズにすら、かっこつけることに諦められてると宮田くんはいったけれど、わたしはちょっと違うところで諦めかけてるなぁと。 

 

今回一万字を読んで宮田くんがアイドルで居る限り弱さや悩みを見せてくれることはないんだろうなぁと勝手にファンの分際で(ファンだから?)少し寂しくなった。

 

 

 

じゃあほんとの宮田くんって?みやっちって?アイドルだから弱み見せなくても当然でしょう?私は宮田くんの何が知りたいのか。

そういう見方もあると思うけれど…本当はそうなんだろうけれど…アイドルなのだからそれでいいのだろうけれど…

 

 

わたしなんて宮田くんの名前や生年月日ぐらいしか知らない。

まして、弱み見たところでどうも出来ない。

 

 

 

 

 でも、一万字を読んで思った。宮田くんに声を大にして伝えたい。

かっこいいって言われたらたまには調子に乗ってもいいと思う。

それがお仕事でもあるわけだし。

事実宮田くんって本当にかっこいい。

落ち着きないようで、落ち着いている。

人の話をとってもよく聴いている。

ふにゃふにゃしてるようで、芯が通ったしたたかな強さも持っている。

負けたら笑ってるけれど、影では勉強家だし根は負けず嫌いなのでは?って思うこともたくさんある。英検三級取ったりコソ練したり。

自分の信念を貫き通す強さ(ある意味今回の一万字インタビューも含まれる)もかっこいいことの一つだよ。

 

 

 

 

自分の頭がおめでたいから、というかほぼ顔ファンだから。

 

宮田くんがかっこいい衣装を着たり曲をやらなくてもかっこいいって意識のもと生きているタイプのおたくなんだよ。

 

 

わたしが求めてしまうことは宮田くんの気持ちを知ること。

 

 

気持ちを知りたい。って気持ち(というかこだわり?)が強い。ややこしい。

落ち込んだりすること、したことを掘り下げて話してくれとまでは言わないし、今までの宮田くんの気持ちが嘘だとか否定するわけじゃないよ。

 

 

けれど宮田くんが悩むことや不安な気持ちを少しでも、たまにでもいいから読みたいし知りたい。

 

  

 

かっこつけずにモテたいっていうのは難しいんじゃないかなぁって思うし多分本人も分かっているのだろうから、そこはあまり言わない。

宮田くんの良さでもある気がするから。

手段の問題だと思う。

 

 

 

それと、玉森くんのことを“繕わず人に好かれるのはすごい。”って言うところ。そこは宮田くんがアイドルをやっていく上での信念や理想と重なる部分があるのではないかなぁとなんとなく思う。だから玉森くんのことが好きなのだろうなぁ。

 

そして気になったところ。

インタビューの後半かな。

そこで、北山くんの話。 

 

 

“メンバー全員の意見を均等に取り入れたら角は立たない。けれど、そうやって生まれた作品って、あれ、何を表現したかったんだっけ。ってなっちゃうことがあるんだよね”

“だから、誰かの不満を背負い込んでも決断しなければいけないこともある” 

 

 

 

意識して言ったつもりは無いと思うけれど、これは宮田くんが何かを創作活動するときに頭の片隅にポカンと置いている言葉でもあるのではないのかなぁと勝手に解釈した。

 

 

宮田くんのソロ曲にも当てはまる考え方ではないかとも。

宮田くんの中にもこのような考え方は存在するのではないかなぁと思う。 

 (ここはソロ曲に対する意見でも無いし、北山くんがこうしたんじゃないか。という宮田くんの見解です。切り取って書き出してるので意味合いは読み手によって変わると思います。全文雑誌で読んでみてください。) 

 

 

 

宮田くん勝手に解釈してごめんね。こうして書き出していくと、じゃあわたしが知りたい宮田くんってなに??って、いつもふりだしに戻ってしまう。

何回この気持ちを抱えたか分からない。

ふりだしに戻って、少しだけ宮田くんが見えた日があって、期待して、???ってなって、またふりだし。

 

宮田くんの言葉って嘘じゃない。

じゃないけど100%本当にも聞こえない…。

 

 

そこが魅力的だとも思う。 

 

 

あと、ネプリーグでも宮田くんの冷静さにびっくりしてかっこいいなと思っていたのですが、一万字の中でも持ち前の観察眼を発揮して、みんなが気になってるところを丁寧に話していてるのがみやっちほんとにすごいな〜!と思った。

 

 

•きすまいが人を傷つけた笑いをとっていて、そこが弱点じゃないかと言及したところ。

•しばらくおた芸をしなかった事について。ソロ曲に交えながら話してくれたこと。

•バラエティでは王子さまを封印すること

•子連れでのキャストさんとの裏話

•これから自分がしたいこと

 

 

これだけあれば充分じゃない?っていざ箇条書きにすると少し思う。宮田くんにしては話してくれたほうじゃないかなって。そもそも、宮田くんはいつも本音で話してるよ。って思っていそうだし。

 

じゃあ何が不満だったの?と聴かれたら分からない。 

 

そこが不満というか不安というか漠然と寂しいのかもしれない。

 

 

横尾さんとの会話の中で、宮田くんが横尾さんにRe:をまとめるのに「どんくらいかかった?」と聞かれて、「そういうとき、めっちゃ苦労してても男だったら“そんな全然だよ”って言っちゃうじゃん。」って説明しているところがあるのだけれどここは宮田くんの本質が見えた気がして個人的にめっっっっちゃくちゃ好き。

 

(抜粋しましたが、宮田くん、横尾さんに労ってもらったと喜んでました。横尾さんありがとう。)

 

 

宮田くん男性らしい…男らしい…。

 

 

 

 

あと中居さんに対する気持ちや見捨てられるんじゃないかという不安を話してくれたことも、嬉しかったなぁ。

少しでも、貴重な話が聞けることは嬉しい。

 

 

 

 

こうして色々書き出してみたが、こんなめんどくさい人も居るんだ〜ふーんっていう気持ちで読んでもらえたら幸いというか嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に一つだけ…お母さんと宮田ガールズは裏切らないって信じてる。って発言は、とても嬉しかったです。どうもありがとう。